FC2ブログ

シュリンプ・オン! R2.5.17 (日)

在宅勤務で通勤時間がなくなったわけで、出勤時同様に0530に起床して在勤の始まる0900までの3.5hをテナガエビ漁に費やせば、息苦しい在勤もなんぼか楽しかろうと思って、5/14に試してみたんです。現着0600で納竿0830の2.5時間で小型が5匹。
IMG_20200514_5s.jpg
ただ在宅勤務が眠くて仕方ないのでもうやりません。自作のテナガ竿の入魂も無事済みました。

で、本日は0430起床で現着5時半。オキニーなテトラの藪脇のポイントに陣取ります。仕掛けを一本投入して朝飯のパンをムシャムシャ。ショートピースを一服したころに最初の1匹がビンビンと上がってきました。こりゃあ、今日は爆釣だな!と思ったんですが、そこから渋い。水温は木曜より上がっているはずなのにアタリがほとんどありません。釣り人も多いけど誰も釣れていない感じです。

結局テトラポイントでは10時まで粘って3匹という貧果。これでは胸を張って帰れません。ということで秘密の花園ポイントへ移動。プレジャーボートの波に悩みつつも、テトラ帯よりアタリが多いような。
IMG_20200517_big1.jpg
本日の一番はこんな感じ。プリプリの食べごろサイズ。

体力的にシンドクなったので1130に納竿し、チャリチャリと二九八家まで走ってネギラーメンの大
IMG_20200517_二九和家
開店当初より脂っぽさが控えめになって地元のジジイにも優しくなった気がします。水分と塩分とをたっぷり補給して帰宅。

IMG_20200517_all.jpg
都合8匹。今年は入院の予定はないし(去年も予定はありませんでしたが)、さぁて、テナガシーズンの始まりです!
スポンサーサイト



フィッシュ・オン! R2.5.9 (土)

GW最終日の5/6はちょっと景色の良い旧ポイントというか修行場に行きました。
IMG_20200506_home.jpg
いやー、やっぱ良いですねぇ。蓮の花なんかも咲いちゃって心が洗われます。
なーんてことを思っていたら予報より4時間も早く雨が降ってきやがりまして、悔しいので竿を出したのですがどんどん雨が強くなるんです。このままではココロどころか身体も洗われてしまうのでボウズで撤収です。

で、本日はそのリベンジ。朝の5時に目覚めて布団の中で7時ころまでウダウダして現着は8時前。グルテンを練って半分をスティック糊のケースに詰め、残りの半分を寄せ餌として目の前にぼちょん。竿は広く探るために55㎝を選択。ウキ下は20cmくらいにしてスタートです。

しばらく餌の空打ちしてると何かの鋭いアタリ。同じところを攻めて釣れたのが小ブルーギル。まぁね、仕方ないですよね。
で、次はヌマチチブ、次が小ブルーギル。そして、そして、釣り始めて1.5時間後くらいにやっとタナゴ。
IMG_20200509_all.jpg
ポイントにはキラキラとヒラ打ちも見え始め、さぁ、これからですよ!

と思ったら、40cmはゆうに超えそうなデカ鯉がヌーッと現れまして、ワタクシの殺気を感じたのかバシャバシャと場を荒らして去っていきました。そして寄って来ていたタナゴちゃんたちも散っていきました。鯉釣りの人もヘラ釣りの人もいて、そっちの方が大量の餌を撒いているだろうに、なんでこんな浅瀬に鯉が来るのか。
水の濁りが取れるまで近くのポイントを探ってみますがアタリは無し。元の場所に戻ってもアタリは回復せず、朝早かったので眠くなってきました。

ということで、本日は片目で納竿。つい先日まで今度こそ即釣りだ!的な調子だったのに、ここんとこサッパリです。私的タナゴシーズンはそろそろ終わりかな?



フィッシュ・オン! R2.5.5 (火)

ゴールデンウィークの残りが着々と減っていきますが緊急事態宣言が延長され、在宅勤務も続く予定でどうにも危機感がありません。不要不急な外出は控えていますが、ずーっと閉じこもっていてはココロが病んでしまいますので、仕方ないので近場をポタリングしていたら黒竹の藪を発見いたしました。竹を摘む季節ではありませんが思わず一本だけ頂いてきました。
IMG_20200503_黒竹
よーく乾かしたのち、かっこいいタナゴ竿に仕上げたいと思います。

そうそう、2019-2020の冬に採取した竹の荒矯めもポチポチ進めてます。
IMG_20200504_荒矯め
上が乾燥済みで、下がヒートガンで荒矯め済みの竹。竹の皮を剥いて、ヒートガンで炙って、浮き出た油をワイプオールで拭って凡そ真っすぐにしていきます。室内乾燥を続けていくとまた曲がりが出ると思いますので、ここはざっくりです。
※処理後のほうが汚く見えるのは光の加減です。また緑が抜けていないのは竹皮が被っていたためです。もう少し屋外で紫外線を当てた方がいいかも。

で、本日ですが懲りずにタナゴのご機嫌を伺いに行きました。
 1.黄身練りスタートで1時間全くアタリ無し
 2.グルテンに変えてスジエビ → ボイ
 3.タナゴ!
 4.鯉に仕掛けどころか穂先を持っていかれる
 5.泣きながら替え穂先で再スタート
 6.小鮒
 7.タナゴ!
 8.20cm級のヘラブナ
 9.諦めて納竿
という締まらない釣り。もうHNGではなく、三郷公園のほうが有望かも。

帰宅してロスとした穂先の替え穂先作成に着手。
IMG_20200505_替え穂先
布袋竹で作ろうかと思いましたが程よい在庫がなく真竹を削ることにしました。替え穂先が2本という残念な竿になってしまいました。どんとはれ





フィッシュ・オン! R2.5.2 (土)

うちの市ではアベノボーナスの手書き申請書がダウンロードできます。記載内容も家族の名前を書くだけだし、職員さんがせっかく用意してくれたんだから申請してみました。問題はアベノボーナス10万のうちナンボがワタクシの取り分になるのか、嫁ちゃんとの厳しい折衝が予想されますが、せっかくのお国からのボーナスですからせめて3万は欲しいところです。何かを買う予定はないのでダラダラと消費しちゃうんでしょうけど。

で、で、緊急事態宣言が延長されましたので、新たなステイ先のホームを見つけなければなりません。健作知事がもっと頑張ってくれれば県内にステイできるのですが、、、、とりあえず今日はUGPを目指します。ツーリングには最高な天候ですが、果たしてタナゴちゃんのご機嫌はどうでしょう。

ポイントではすでにT兄弟子が竿を出しており、ポイント全体を調査済みで、前日より更に渋いとのこと。とりあえず隣で竿を出しますが、流れが強くて手強いです。水キレが良く、良くしもり、できたら風にも強い、そーゆー仕掛けが必要ですね。手持ちの0.3号PEや、0.3号ナイロンでは歯が立ちません。と仕掛けのせいにして本日は諦めムード。見かねた兄弟子がポイントの再調査をしてくれて「ここが良い」と教えて頂き、そこでなんとか両目が開きました。
IMG_20200502_all.jpg

今日のところはこれで諦め、新たなホームを求めてVespaでGO !
まずは現ホームでも話題の公園付近のポイント。雰囲気は満点で木陰で涼しいのですが、水面には亀、水中はデカ鯉が悠々と泳いていて小魚は「およびでない」そんな雰囲気。そういえば今日のUGPもデカ鯉がバシャバシャと騒いでおり、これが「乗っ込み」これが「ハタキ」かと少し感動したものでした。ここはタナゴ師が1人竿を出していましたが釣れている様子はありませんでした。画像はなし。

次はグーグル・マップで見当をつけていた場所
IMG_20200502_p1.jpg
桜の木陰で涼しくて雰囲気もありますが、西向きなのでこの後は光の反射が眩しいかな?椅子を持ってきていなかったので足場の確認のみ。

次は先のポイントの上流?裏手?側
IMG_20200502_p2.jpg
水面が近くて良い感じです。水中に変化が乏しいのと、日差しを遮るものが全く無いのが残念

次はここ
IMG_20200502_p3.jpg
東に向いた桜の木陰で水中も変化があり、今日一番の雰囲気です。で、ちょっと竿を出してみました。20分ほどで丸々と太ったクチボソ3尾でタナゴなし。ですが、この水域でクチボソがいたらタナゴもいるだろ!と気合を入れたところで、タナゴ桶にアメリカシロヒトリの毛虫が登場。そうそう、桜の木は毛虫いるんだよね。ということで慌てて撤収。

というわけで、①桜以外の木陰で、②水面が近くて、③水中に変化があり、④足場がよく、⑤タナゴ爆釣なポイントを探しています。どんとはれ



フィッシュ・オン! R2.5.1 (金)

本日は5/1のメーデー!
 ♪ 聞け万国の労働者~
 ♪ とどろきわたるメーデーの~
 ♪ 示威者に起る足どりと~
 ♪ 未来をつぐる鬨の声~♪
ということで、当社は何故かお休みなのです。
メーデーだろうが天皇誕生日だろうが会社がお休みなのは良い一日です!

ということで、スマホのアラームを0500にセットしていたのですが目覚めたのは0430、フランスベッドの介護ベッドにもなる電動ベッドが欲しくなるお年頃ということでしょうか。前日の夜に用意したテナガエビセットを担いで家族を起こさないように家出します。先日来、江戸川の水が満々としており、まだ早い!という理性の声を無視してのテナガ初釣行です。

本日デヴューの新兵器は自作のテナガエビ竿
IMG_20200430_自己流エビ竿
和竿教室では師匠切組の「真っ当な」テナガエビ竿を作っていますが、こちらは自宅でポチポチ作業して作ったテキトー和竿。去年の11月に摘んだ篠竹をヒートガンで火入れ、矢竹の印籠芯で継いで仕舞は40cm程度。真竹の穂先、手元は黒竹。込の部分の意匠は朱に金ちらし、握りは糸巻きに朱で透明を重ね塗りしています。ガチガチの硬調な竿になってしまいました。

それはともかく、オキニーポイントの水面のゴミをすくい、魚粉の集魚ペレットを少々撒いてまずは朝飯。然る後に新兵器の竿を出します。アタリは全くありません。180の竿も追加で出しますが、こちらにも生命反応なし。去年刻んで冷凍熟成したバナメイエビの欠片が突かれもせずに戻ってきます。暇だし風も強くて少し寒い。
まぁ、冷静に考えればテナガが釣れだすのは水温18度~で、数がまとまるのは20度から。暖かくなったとはいえ今日の最低気温は14度で最高がようやっと20度超えの予報。水温は気温に3日以上遅れるし、過去の釣行記録を見てもGW中は釣れていない。やっぱ5/10過ぎなのよね。ということで、ノーバイト・ノーシュリンプで0630に納竿。チャリで自宅に戻ります。

で、今度はタナゴ用のセットを持って二度目の家出。埼玉のホームへ向かってVespaでGO! GWとはいえカレンダー上は平日なので人は少なめ。いつものようにモタモタと準備をしていたところ、寄せ餌カゴにしていたティーストレーナーが水中にドボン、、、小振りで可愛いくて他人と被らず気に入っていたのになー。

寄せ餌カゴは釣り場の予備用をお借りして一服した後にタナゴスタート。ですが全くアタリがありません。暫くして小鮒が釣れて本日のボウズは逃れました。その後に何故かチチブが釣れて両目が開きました。その後にようやっとタナゴがポーチ、ポーチ、ポーチと釣れ出しましたが、10時すぎると釣り場は沈黙。
IMG_20200501_all.jpg
暖かいし、朝早かったので眠いし、お腹も空いたので11尾で納竿。
さーて、GWはたっぷり残っているけど、タナゴホームは渋いし、釣れているという噂のKSKは駐車場が閉鎖されているらしいし、UGPはまだ手強いし、テナガエビにはまだ早いし、うーん、うーん、どうしよう、、、
プロフィール

游鯤@ゆーこん

Author:游鯤@ゆーこん
岩手県水沢市出身。縄文系(採集型)窓際族。とりあえず小物釣り。たまに自転車。もっとたまにVESPA。そして以前集めていた安物買いの銭失い的なモノたち。

市川のタイドグラフ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ